準備 ‐ 最初の手順

重要!
可能な場合、ファイルを紛失したドライブ以外のドライブにData LifeSaverインストール プログラムを保存およびインストールしてください。

必要な全てのストレージ デバイスが用意されているかご確認ください。 ソフトウェアをインストールし、 復元したデータを保存する別の復元デバイスが必要です。
次の種類の復元デバイスが使用可能です。
  • 別のハードディスク、ZIPドライブ、またはUSBスティック
  • 同じハードドライブ上に存在する破損していないパーティション
  • PCネットワーク内である場合はネットワーク上の別のワークステーション。

上記以外に、復元プロセスを実行する前に破損したデバイスのイメージを作成されることをお勧めします。 イメージの作成には追加のストレージ デバイスが必要です。

それによって、元のストレージ メディアを最善の状態に保ち、 必要に応じて後で修理時にそれを実際の復元プロセスに使用することができます。 これは、特に物理的な障害を修正できない場合などに必要です。

物理的な障害があるディスクの作業では、 読み取りをしただけであってもさらにデータが破損するリスクがあります。 物理的な障害が多いディスクではData LifeSaver(またはその他のソフトウェア)を使用しないでください。 最初にイメージを作成してご使用ください!